BLOG [ブログ]

【ウルトラファームより】春の風景 後編

→前編はコチラ

ウルトラファームでの新たな取り組み。

それは牛糞とコーヒーをかけ合わせること。

 

小麦を自然栽培で、野菜などを有機栽培で育てるウルトラファームでは、

有機栽培用の堆肥として牛糞や鶏糞を使用しています。

その牛糞に、店舗の営業で出るコーヒーの廃棄部分を混ぜ込むのです。

 

具体的には焙煎時に出る“チャフ”と

抽出時に出る“コーヒーかす”の2種を混ぜ合わせます。

 

これまでただ廃棄されるだけであったゴミが、

自然のサイクルの中に組み込まれ、新たなエネルギーへと変換されていく。

ゴミがゴミでなくなる形にたどり着けたことは、

ウルトラキッチンにとって嬉しい一歩。

ただまだスタートしたばかり。気を抜かずいかないと、ですね。

 

 

写真 2020-03-25 8 45 52

朝8時45分頃。八王子市の磯沼ミルクファームさんから、3tトラックに乗せられた牛糞が到着。磯沼ミルクファームさんでは、毎朝牛舎のベッドに1000㎏以上のカカオ殻・コーヒー豆・豆粉を敷いており、牛糞にもその成分が含まれています。

 

写真 2020-03-25 8 47 07

牛糞は発酵して温かく、湯気が立つ。コーヒー豆も目視で確認できる。

 

写真 2020-03-25 12 22 03

明るい茶色が焙煎時に出るチャフ。

 

 

新型コロナウイルスの影響で社会が揺らいでいますね。

様々な情報に日々惑わされますが、

こういう時にこそ畑に出て、大切なものを見つめ直したい。

手で摘み取った野菜をそのまま口にしたら驚くぐらい美味しくて、

ささやかな幸せと癒しを得た畑での一日でした。

 

 

2020年3月25日 種まき、収穫

前回の更新はコチラ